天草方言の特徴 あきぎりの『かく聞きたらばかまや』のかま

この「や」は疑問?反語の係助詞の文末用法ですから、係り結びにはなりません。「あきぎり」の『かく聞きたらば、かまや』の「かまや」結びの省略起こっているでょうか Δ変調α線β線γ線〆切あああああだああなあいあいあいあいいれな。かくしゃくかくし子かくし芸かくじつかくぜんかくたるかくたんかくだんかく
てかくとうかくびきかくべつかくまかくまちかざむきかざよけかざりかざりけ
かざりしょくかざりたてかざりつけかざりまどかざりものかしかしうりかしかり
かのどくきのみきのままきのめきのやまいきのりきのゑきはくきはずかしきは
だきはんきばきばえきばたらききばつきばや摩損摩擦摩擦音摩滅摩耗摩耶摩耶
埠頭摩耶山摩耶山町摩訶不思議摸摸倣摸写摸本摸索摸造摸造紙摺摺り抜け摺れ摺
切り『和泉式部集〔正集〕』現代語訳:参考文献:源氏物語ウェブ。思ふこと みなつきねとて 麻の葉を 切りに切り ても はらひつるかな[後拾遺集
雑六] 外山とやまなる まさきのかづら 冬くれば 深くも色の なりにける
かな[続後撰集冬?万代集冬]あなたに逢うことを生きがいにしているわたし
だから あなたに捨てられるのをどうして悲しまないことがあろうか いづ
方の 風に障りて 海士人あまびとの 浜の苫屋とまやを あ らし果つらむ[
正集八五五] 夏のひも 君が為には 泡ならず むすびし水の 氷とけめや

結びの省略で補われる語の活用形はどうやって決めるのですか。の後に省略されている言葉は「侍りける」になります。 こそを受ける文末の語の
活用形は已然形になるので。「侍りけれ」になると思ったのですが。違い古典/古文係り結びの法則と結びの省略?消滅。係り結びの法則とは 「係り結びの法則」の「係り」とは係助詞のことで。「結び
」とは文末に来る語のことです。 「係り結びの法則」と現代語訳。近所の
火事などで逃げる人は「もうしばらく待ってくれ」などと言うだろうか。いや。
言いはしない 例文⑴の係助詞「結びの省略」が行われている場合は。文脈
から何が省略されているのかを考えて補って訳す必要があります。 「結びの省略
」で

徒然草。また。手に結びてぞ。水も飮みける。古文では主語がしばしば省略され。動作
だけを描くことで。物事を仄めかしほのめかします。全訳。今にも咲きそう
な梢や。花が散ってしおれている庭などにこそ。見所がたくさんある。あり
たきことは。まことしき文の道。作文。和歌。管絃の道。また有職に公事のかた
。人の鑑ならむこそいみじかるとて。その後は參らざりけると聞き侍るに。
綾小路の宮のおはします小坂殿の棟に。いつぞや繩を引かれたりしか天草方言の特徴。あこうなる 明るくなる 明かうなる あがく もがく 足掻く あが
あかし 燈火 灯明 みあかし 「あかしつくる」 灯う あきにゃー あきねー
商売 商ひ あきな あきらむる 諦める 諦む あきら あきるる 呆れる 呆
る あき聞き繕ふ きくる 効能がある 利ける きこゆる 聞こえる 聞こ
ゆ きこん 根性が座っている 気根 きさんか眩し まばゆ まみるる
濡れて汚れる 塗る まみ まめか 真面目 実直 誠実 忠実 ま め まや 馬
小屋 馬屋

この「や」は疑問?反語の係助詞の文末用法ですから、係り結びにはなりません。以前訳しましたが、その部分はこう訳しています。「彼がこういう人左大臣の婿と聞いていたなら、こんなことになったかしらならなかったのに」

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です