生活保護問題対策全国会議 まだ曖昧将来生活保護やケースワ

心理学は、人間の心のメカニズムを科学的に研究する学問です。心理学部、社会学部で具体的ようなこ学ぶのでょうか
進路選択で迷って
心理特理由なくただ興味あり、
社会学部地域行政など関わる仕事興味あり 、迷って
まだ曖昧将来生活保護やケースワーカーなど職つきたい考えて 曖昧な気持ちなので社会福祉学科進むの断念
明治大学社会学部地域行政学科、
明治学院大学社会学部社会学科、
明治学院大学心理学部心理学科
で迷って 生活保護問題対策全国会議。生活保護問題対策全国会議は。すべての人の健康で文化的な生活を保障するため
。貧困の実態を明らかにし。福祉事務所の窓口規制を始めとする生活保護制度の
違法な運用を是正するとともに。生活保護費の削減を至上命題とした制度の改悪
を許さず。生活保護法法律家?実務家?支援者?当事者などで構成されてい
ます。局長通知そのものを分かりやすく改正して。調査手順を明記しない限り
。現場の混乱が収まるとは考えられません。少しでも早くしてもらいたいの
ですが。

ケースワーカーの仕事内容?役割。ケースワーカーの役割は。さまざまな事情を抱え生活保護や社会福祉制度を利用
する人の自立を促すことです。 生活保護受給者の代わりに世話をする人と考えて
いる人も多いようですが。本人または家族がしなければいけないことにまた
児童相談所や老人福祉施設。病院などで相談員として働く職員も広義の意味で
ケースワーカーと呼ばれることが実際の業務はケースワーカーもソーシャル
ワーカーも近しいところがあり。両者の線引きは曖昧で。場合によっては民間の
病院や施設

心理学は、人間の心のメカニズムを科学的に研究する学問です。人の心の中を直接覗くことはできないので、心的状態の変化や心の動きについて、外部から客観的に観察できる行動や生理的反応として把握し分析?研究します。人の心内面を読み取るとか、人を思い通りに動かす操るといった通俗心理学と学術的な心理学はまったく別物です。心理学と一口にいってもいろいろな分野があり、例えば、脳の生理的な機能と心の働きの関係について研究する「生理心理学」、動物の行動を心理学的に研究する「動物心理学」、人の知覚の性質?あり方を研究する「知覚心理学」、人の高次の精神活動を研究する「認知心理学」、加齢成長に伴う心の変化を研究する「発達心理学」、教育活動に関する心理学的研究である「教育心理学」、犯罪や非行に関する心理学的研究である「犯罪心理学」、人間の社会性や社会行動、社会的事象の個人への影響、集団内での相互作用などを研究する「社会心理学」、産業活動におけるモチベーション動機付け?消費者行動?メンタルヘルスなどの応用心理学を研究する「産業心理学」などの分野があります。また、精神疾患や心身症など心の障害に対し、援助?解決?予防等を目的に実践的に対処する「臨床心理学」という分野もあります。 また、研究の手法という点では、心理学は実験を行うことが多く、その結果の分析のために統計学を使います。一般的に心理学は文系に位置づけられますが、理系的な要素を含む学問だと言えます。社会学は社会的事象の全般について、人間の行動や意識、関係性に着目して考察する学問です。社会学部では、幅広くいろんなことを学べると想像する人が多いのですが、基本的には社会学の方法論を学び、それを用いて社会的な様々なテーマにアプローチする、ということです。 大学の社会学専攻で必ず履修する科目は、社会学の基礎理論や学説史過去の社会学者の業績や理論の考察などの『概説概論』と、実証的な研究を行うためのスキルである『社会調査法』です。具体的な社会学研究各論に関しては、担当する教員毎に研究対象?研究テーマがかなり違います。社会学を志望する場合、自分が関心のある分野?テーマを研究している教員がいるかどうかを確認しておくことが大切です。社会学理論の特徴は物事を考察するときの視点が多角的?多面的であることです。たとえば法学法律学は法律という明確な拠り所があり、それを具体的な事例に当てはめ、適法か違法かを判断することになります。また経済学では経済合理性や効率性に価値を置き、それ以外の要素を理論上は無視軽視する傾向があります。それに対し、社会学は法律公正性、経済効率性以外の文化、伝統、道徳、宗教、慣習、組織、制度、ネットワークなどの幅広い観点に着目します。 社会調査法については、インタビューやアンケートの方法論や、集めたデータを解析するための統計学などを勉強することになります。 理論と社会調査の手法を学んだ上で、最終的には自分で社会的事象に関する問題を設定し、調査?考察し、卒業論文にまとめます。 社会学では文献を読む勉強?研究もしますが、机上の論議だけではなく、社会調査やフィールドワークを通じて研究対象を具体的に把握し分析するような研究スタイルが重視されます。フットワークが軽い人、他人と接することを厭わない人、基本的に「人」への関心がある人が向いている学問です。「生活保護やケースワーカーなど職につきたい」とのことですから、具体的には地方公務員の「事務職行政職」ないし「福祉職」をめざすことになります。前者の場合は、採用試験の専門科目では法学、政治学、経済学などの分野から出題されるので、名前の挙がった3校の中では、政治経済学部に設置されている明治の地域行政学科が最も適していると思います。カリキュラム的には政治学と経済学を中心に法学や社会学も学べ、地域行政に焦点を当てた学科なので、地方行政マンとしての見識を養うのにも適しています。難易度的にもこの中では最上位なので、第一志望にされれば良いと思います。後者を志望するのなら本当は社会福祉学を専攻すべきですが、明治学院の社会学科であれば、同じ学部内に社会福祉学科があり社会福祉学分野の科目も履修できるのでおススメします。3コース制を敷いていますが、「環境とコミュニティコース」が地域に関わるテーマを探究しやすいので、地方行政マンとしての見識を養うのに適していると思います。また学科専門科目の中で「社会心理学」も扱っています。地方公務員採用試験の募集区分に「心理職」もあるので、心理職をめざすなら心理学科が適切ですが、生活保護やケースワーカー志望なら上記の2校の方が相応しいと思います。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です