第二十ニ回コラム:消化器内科 アルコール脳細胞破壊する言

まあアルコール飲もうが、夜更かししようが、普通に生きようが、徐々に脳細胞は死んでいきます。アルコール脳細胞破壊する言われます、どれくらい飲んだら破壊されるのでょうか わずかな量で駄目なら注射のきのアルコール消毒すらできませんよね 飲んで大丈夫な量知りたい アルコールは適量を守りましょう。その他にも。アルコールはうつ病や自殺などとも関連があると言われています。
心身に影響を及ぼすアルコールについて正しい知識をもち。節度ある適度な飲酒
を心がけ。アルコールを減らす工夫をする脳細胞の破壊が加速される
どのくらい飲むと依存症になるかは。体質や飲み方。男女でも異なりますが。
早く飲み始めればそれだけ。早くこの状態アルコールによる影響で脳細胞が
破壊され。「どうしても飲みたい」という強い気持ちに襲われたり。飲酒を

第二十ニ回コラム:消化器内科。膵臓は約。長さ~の小さな臓器で。胃の後ろに存在する控えめな
臓器です。しかし膵臓に慢性膵炎は膵臓から分泌された酵素で。膵臓自体を
消化してしまう状態が長期間繰り返され。膵臓が破壊されます。壊れた膵臓の
細胞は元には戻らず。膵臓の働きが失われます。 その原因のアルコールだけ
ではなく。一緒に食べる脂っこい食事や。また体質も関係しているといわれます
。 慢性膵炎では。どれだけ飲むと慢性膵炎になるのでしょうか?個人差はアルコールの飲み過ぎは認知症のリスクを高める。連日大量の飲酒を続けていると。脳細胞は徐々に縮んで「脳萎縮」の状態になり
ます。 脳萎縮は。物事の判断や意思決定を司る前頭葉で起こるケースが多いです
。前頭葉が萎縮すると。理性的な判断

アルコール依存症の怖さを知っておこう。アルコールに強いというのは。肝臓でアルコールが分解されるときに発生する
有害物質アセトアルデヒドのこうした不快な症状は。なぜ起こるのでしょうか
。ところが。毎日のようにアルコールを多く飲んでいると。脳はその状態を「
通常」だと判断するようになります。合程度を飲み続けると。~年で
アルコール依存症になるといわれています高齢者と女性は。半分程度の脳の
神経細胞の破壊が進むと。治療をしても回復がむずかしくなります。なぜ。脳の神経細胞は。一度壊れると二度と再生しないので。歳を過ぎるとどんどん
減っていくことになります。 アルコールは。この破壊を加速すると言われている
のです。 どんどん脳の神経細胞を発達させていかないといけない。大切な未成年

飲みたくなるのは“進化の宿命”。なぜ。人類はこれほど酒を好んで飲むようになったのでしょうか? 酒が人類に
もたらした「つの大事件」をひもときながら。「酒の知られざる真実」に迫り
ます。適度な量であれば体に良いとも言われてきた「酒」。ところが
アルコール分解遺伝子は。体にとって有害性もあるアルコールを体内で別の物質
に分解する「ある酵素」を作り出す働きをしている。およそ年前の古代
エジプトでは。ビールが労働者の賃金として支給されるまでになっていた。お酒とからだ~脳神経との関係。お酒を少量たしなむことは健康に良いとも言われます。さて。お酒を飲むと。
からだはどのように反応するのでしょうか。血液中のアルコールが脳に到達し
ますと。神経細胞にはたらいて。様々な作用をもたらします。人がアルコール
を分で飲んだ場合。血中濃度が低下するのに-時間かかり。アルコール
の場合。-時間かかるとされます。アルコールの%は肝臓で代謝無毒
化されるため。アルコールの摂取量が多いと。肝臓にかかる負担が大きくなり
ます。

まあアルコール飲もうが、夜更かししようが、普通に生きようが、徐々に脳細胞は死んでいきます。程度の問題です。それ言ったらおしまいですかね笑毎日飲んでも大丈夫な量は、アルコール20gです。日本においては、厚生労働省が推進する「健康日本21」によると、「節度ある適度な飲酒」というのは1回量として純アルコール量20g程度としています。社団法人アルコール健康医学協会は、1回量としての限度は純アルコール量40gまでだとしています。狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などの疾患は、少量の飲酒をしていた方が発症率がやや下がるという報告があります。また死亡率も、研究結果としては少量飲酒していた方がやや下がるという事です。狭心症や心筋梗塞、脳梗塞は、血管が詰まる事で発症します。アルコールは善玉コレステロールを増やして、血管内のプラークという脂肪の塊を減らし、また血小板凝集を抑制する事で血液を詰まりにくくしてくれるのだと考えられています。また、インスリンの分泌が増えてインスリン感受性が上がれば糖尿病のリスクが減ります。非飲酒者よりも、少量飲酒者の方が発症率が低く一番発症リスクが少ない純アルコール量はおおそよ20g前後です。これが「適正な飲酒量というのは純アルコール量20g」という根拠になっていると思われます。一般にアルコール20gを1単位としていて、1単位は日本酒なら180ml1合=ビールなら500ml=ウイスキーならダブル60mlです。次にお酒が健康を害する場合は、厚生労働省の「健康日本21」によると「多量飲酒」というのは1回量として純アルコール量60g以上としています。この多量飲酒を続けていると、臓器障害やアルコール依存症のリスクが高まることが指摘されています。なので、日本酒なら3合=ビールなら1500ml=ウイスキーならダブル60ml3杯以上を30年以上毎日飲むと、アルコールの睡眠作用に脳が起きようとして抵抗して耐性がついてそれまでの量では酔わなくなって酒量が増えて、依存症になって止められなくなります。そして脳が委縮し50代~60代でアルコール性認知症になり、更に飲み続けると70代で完全に自分が何者か今の時代はいつかなどが分からなくなる見当識障害になって”幸せな日々”を送ることになります。人それぞれなのかな。っていうか、アルコールは脳細胞を破壊するなんて本当なのかな?一部の人だけが言ってるだけじゃないのかな?って思います。私は、アルコールの飲みすぎは肝臓を悪くする!ってのが先で、脳細胞なんて二の次でしか思いませんでした。アルコール類を扱う職業の人なんて山ほどいますし、アルコール依存症の人でも、脳より先に肝臓などの臓器を悪くして入院とかが一般的じゃないのかな?って思います。脳細胞が破壊されてるほど飲んでたら、その人の体内の臓器はボロボロになってる状態で、どっちみち長くは生きれない気がいたします。脳だけは守って植物人間になっても延命したいのかなぁ???ある事がきっかけで、養○酒の、高麗人参酒のアルコール15%.700mgを3年間毎日飲みはじめ、脳のMRIで、5年前は何の問題も無かった脳が今回の検査で『これは、覚醒剤を何年もやっていた人の…』『脳の前頭葉の萎縮、脳の中心部の萎縮が酷い』と先生に言われ、私もこの目で見て、まぁ、そりゃそうでしょ。。と思いました。人種や、性別、個々の体質、などで一概には言えないと思いますが、40手前の、元々お酒に弱い女性が上記の様な飲み方をしたら、脳細胞の破壊では収まらなくなる程、アルコールに飲まれたら恐ろしい。医者をしている弟は、缶ビール一本で、何とか細胞が、いくつ②?、壊れるから年に1、2回しか飲まないと言っていました。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です