第二次世界大戦 第2次世界大戦で日本ドイツの方

ヨーロッパは毒ガスなど土壌汚染が酷いし、更に日本よりも焼け野原になっています。第2次世界大戦で日本ドイツの方

結果的ダメージ負った思うの、

なぜ、日本のみ焼け野原復興た

いうイメージあるのでょうか 第二次世界大戦。このようなとらえ方の研究史的意義については後に触れるとして。ここでは。前
大戦とは異なり。東アジアでは日本が。ヨーロッパではドイツ?イタリアが積極
的に行動を起こし。侵略を積み重ねつつ。今次大戦を「引き起こした」ことを
まず第2次世界大戦で日本ドイツの方をすべて見る9件。第二次世界大戦の始まりと終わり。独ソ戦のことを考えるにつけ。筆者のような皮肉屋の外国人は。「いっそのこと
。ナチス?ドイツと。スターリン体制というつの『悪』が差し違えて。両方とも
倒れればよかったのに。その方がソ連/ロシア国民にとっても

ヨーロッパにおける第二次世界大戦。その次の日の。日本枢軸国のつはハワイの真珠湾を攻撃しま
した。 米国は即時日本に宣戦布告しました。 月日。ドイツとイタリアは。
軍事紛争の広がりと共に米国に宣戦布告しま日独が第二次世界大戦に勝利した。アメリカの 作家フィリップ??ディックの歴史改変 小説を。シアトルに
本社を置くアマゾンの がネットドラマ化。ナチス?ドイツと大
日本帝国が第次世界大戦に勝利した「もしも」の世界が舞台。世界史。マヤ 「ロシアの革命が広まることを警戒していたのね。」 早紀 「第二次世界
大戦は。ドイツ。イタリア。日本の枢軸国と。アメリカ。イギリス。フランスの
連合国のドイツは2度降伏した。推定万人もの死者を出した第次世界大戦の終結から年。特集「大戦の
記憶をつなぐ」では。米国。ヨーロッパ。ロシア。日本で。存命の数少ない戦争
体験者から当時の貴重な

日本と第二次世界大戦。一般に第二次世界大戦は1939年9月のドイツ軍のポーランド侵攻から始まる
とされる。しかし開戦当初はヨーロッパに限定された戦争であり。日本と
アメリカは参戦していなかった。1937年7月から日中戦争を続けていた日本

ヨーロッパは毒ガスなど土壌汚染が酷いし、更に日本よりも焼け野原になっています。日本は周りを海に囲まれており、日本への空襲は後半からです。ドイツなどは地続きのため、早い段階で空襲を受けてます。その中でドイツは日本よりも実質の経済力は常に高い状態です。日本人は総合のGDPでよく経済力を見ますが、そんな国は日本と中国だけです。国際的には一人当たりのGDPを見ます。いわば一人当たりどのくらいの経済力を持ってるかです。日本はこれで見るとあまり働かないと言われるイタリアよりも低いです。労働時間は世界でも上位に入りますが、これだけ低いという現実を見せると暴動が起きかねないので伏せている事実で学校では総合GDPでしか見せません。それは一部の日本人だけでしょう。戦争中、オードリー?ヘップバーンが住んでいたオランダのアーネムはマーケット?ガーデン作戦の主戦場になったので水道インフラや住宅も破壊され、彼女は戦後も悲惨な生活を送っています。それは、あなたの勝手な、間違ったイメージにすぎません。欧米には日本が焼け野原から復興したなんてイメージは無いよ日本人が勝手に言ってるだけソ連の町とかのほうが酷いしロシアや東欧の被害も莫大でした。日本人の視野が狭いだけでしょう。そりゃあ「日本人だから」でしょ。あくまで自国目線での歴史観でしかない。日本人が日本の歴史に関心が向くのは当たり前で、何も不思議ではないですよ。ドイツに限らず、ヨーロッパの多くの都市や村は戦場になりましたし、爆撃による戦災もドイツだけではなかったですよ?またナチスは各地でレジスタンス狩りや報復で住民虐殺をしていますから、ヨーロッパの人々にとっては、”日本が焼け野原”云々なんてことより、欧州の戦禍の方が強く意識しているわけです。それにロシア人や東欧諸国の人々からしたら、ドイツより遙かに大きな被害を受けたとなりますから、「日本のみ焼け野原から復興した」なんて1㎜も思わないはずです。原爆を落とされた特殊な存在であることは、海外でもコモンセンスですけどね世界史カテゴリーへのご質問ですので、こういう相対化した回答になります。日本の都市は昭和20年3月以降の、焼夷弾を用いた都市無差別爆撃で焼き払われたからです。つまり廃墟化したのですが、焼け野原という廃墟になった。ドイツの都市は石造建築が多いため、焼夷弾で焼けても、その廃墟は瓦礫の山となる。つまり日本は焼け野原から復興し、ドイツは瓦礫の中から復興したということになります。要するに日本の都市はすっかり燃え尽きる構造だったと言うことですね。ドイツの戦争廃墟はどんな風景だったか?そうですね、古い映画ですが、「ニュルンベルグ裁判」という映画があります。いえいえ、決して単なるプロパガンダ映画ではありません。なかなか面白い映画ですよ。その中に、瓦礫の山となったドイツの都市が描かれます。あ、そんなに古くなくても、「プライベートライアン」に出てくるフランスの町の廃墟やっぱり瓦礫の山でしたねでも十分イメージできます。あれがドイツの都市の戦後の廃墟。ドイツには通常の爆弾を、日本には焼夷弾を落として居ますね。ヨーロッパの街並みは石造りの建物が多いので、爆風 破片で物理的 に建物に被害を与え、日本の木造家屋は、文字通り焼き払って居ます。ドイツの街並みが大きな被害を被ったのは、一本の通り 一つの建物 或は一つの部屋を、歩兵が確保する為に、市街戦を行ったから、当然、戦車戦も有りましたし、戦闘爆撃機からの、ピンポイント爆撃も有りました。しかし、街全体に火災が起こり云々は、無かったのです。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です