闘わない車EunosRoadster ロードスター非力で

たしかに、じっくり考えたら面白いですね。なぜスポーツカーて重くて成立するのか
?????????????????????
日産でホンダでポルシェでスポーツカー1.5t以上 なぜスポーツカーて重くて成立するのか
確か重たいスポーツカー馬力あるのでパワーウェィトレシオ低い
1.5tの物体コーナー曲れば例えば1.5tのGかかるので
1tのスポーツカー マツダのロードスターのこ(笑)
確かロードスター非力
ロードスターでコーナー曲れば例えば1tのGかかないので
ロードスター非力でコーナーリングスピードなら1.5tのスポーツカー速いずなので

質問たら
電子制御
いう回答ありそう

いくら電子制御進んでいて1t1.5tの物理の法則変えれない思うの

質問たら
1.5tGかない
いう回答ありそう

例えばなの


確か直線なら馬力の言わせて1.5tのスポーツカー速いか知れません
コーナーで1.5tのスポーツカー1.5tのGかかる外膨らむだけで曲れないので
物理の法則だ思うの

最近の重たいスポーツカー物理の法則無視てコーナーで速いの
なぜスポーツカーて重たくて成立するのか

バイクだったら重たいスーパースポーツやメガスポーツ成立ない思うの 手頃な大きさで安くて速い。初代ロードスターは日本のみならずアメリカでも大人気となり。その後。国内外
のメーカーがオープンシーターを次々と発売し。オープンシーターの市場が
再燃するきっかけとなりました。 当時の価格は万円消費税含ま

ロードスター非力でコーナーリングスピードなら1.5tのスポーツカー速いずなのでの画像。2020年版お金がなくても乗りやすい国産スポーツカーおすすめ。国産でお手軽にスポーツ気分を味わえるクルマを解説しながら。中古車価格も
踏まえて紹介します!が。良い意味で値段にそぐわないスピード感。エンジン
音。カッコいい外装と内装が魅力的な車となっています。カーとしてはやや
不満な点もありますが。入門編としてみれば軽自動車特有の維持費の安さが魅力
的な台です。さらに。その車体は海外車種にも使われ。イタリア車の
アバルト スパイダーは代目型ロードスターをベースにしています。『スポーツカーの速さと運転の楽しさは別物なのですか。って言う人もいると思いますが。スポーツカーってのは結局そのドライバーが
運転を楽しむことが目的なので「速さ」もそれまでの自分はご多分に洩れず
ハイパワーターボ車に乗っていて「やっぱりスポーツカーの基準はスピードだよ
な」っとてつも無く速く走らす事が出来るのに余裕綽々でそれが楽しいと
思える様な領域に達して居るのなら限り無く???にでも。ロードスターや
こちらはかなり速いがはそんなスペックマニアには分からぬ面白さがあると
思いますよ。

闘わない車EunosRoadster。速くないと楽しくないかというと。ぜんぜんそんなことはないのだが。世の中の
風潮として速いのはエライってことになっている。いまでこそこれだけなら。
スポーツカーとしてまったくの魅力ナシなのだが。の非力さにはウラが
ある。 それは。唐突な車の動きを押さえ。四輪のグリップを限界まで引き出す
ことでリズミカルにコーナーを駆け抜ける……テールしかし。の場合
機構が単純なので。少々調子を崩しても。その修復は比較的安価に済む。自分で
弄マツダ。横からと斜め前方からでは及第点なのだが。後方のデザインが気に入らない。
マツダ車唯一のスポーツカーなのにマツダ車の中で一番。テールデもっと見る

平成スポーツカーの高騰が続くなかで「100万円」で手に入る。日産スカイライン-やホンダ。マツダ?ロードスターなど。いまなお人気
の高い国産スポーツカーが登場した平成の年間。どれも人気が高く平成
スポーツカーの高騰が続くなかで「万円」で手に入るお買い得モデル5選!
/ページ 投稿日 藤田竜太
のロータリーなので。パワーは強力とまではいえないが。決して非力ではなく。
エンジン以上にシャシー性能に余裕があるので。コーナリングスピードはかなり
速い。スイスポ。ライトウエイトスポーツカーを開発する時に。開発者たちからよく聞く言葉が「
車重はトンをきれ!」。 トンをきらコーナリングが始まると今か今かと
待ちわびた右足がスロットルペダルの上で地団駄。速いの? 楽しいの?
というお題。 なぜならマツダロードスターの開発においては。車重トンをきる
ことを目標にしてサイズのコンパクト化と軽量化に勤しんだ。つまり。スポーツ
モデルの新型車開発においてもトンという数字はつの目標なのである。

たしかに、じっくり考えたら面白いですね。過去から現在まで、とてつもなく賢い人達が経験と知識で培った技術の結晶ですね。物理の原則を持ち出しているのかと思ったら全く物理を知らないと露呈してしまったね。バイクと車を一緒くたに考えている事から間違い。車のタイヤは幅を太くすればコーナーリングフォースを上げられるがバイクはバンクさせるので幅を上げても設置面積を増やせないし、キャンバースラストなので幅を広げてもそれだけ上がる訳では無い。車はF1の様に大きなタイヤでカバー出来るが、バイクはMotoGPでもサイズは同じでコンパウンドでバンク角を深くするだけしか対処出来ない。あなた様は、物理の法則とやらの言葉を使用してますが、物理を理解出来てません。その言葉を使うと、皆様に○○にされます。ダブルウィッシュボーンのサスペンションから、マルチリンクサスペンションに代わり、足まわりが進化しているから、対応可能なのです。もう1つは、タイヤ性能が上がってきて、路面に対するグリップ力が増してきた事でしょう。格闘家には、ボクサーから力士までいるのと同じです。4輪、2輪ともわざと重く仕上げている。公道仕様に限界性能は不要だから、重くしてレスポンスを悪くする。2輪については、SBJSB、EWCやSS600SP600のホロモゲーションモデル以外は、フレームを鉄製に戻して剛性はほどほど、融通は利かせるようにして重くする。4輪はブレーキも甘くする。また、余計な装備で工場出荷時は肥満児状態。そもそも、『スポーツ』の意味を履き違えている輩が多すぎて、今のほうがかえって最適化しているともいえる。1.5tの物体がコーナーを曲がれば例えば1.5tのGがかかるのでは。Gの単位はtじゃない。単純に走る場所の違いと、タイヤと、エンジンパワーが違うから。確かに遠心力は車の重さに比例して増えるねぇ。でも、グリップ力も車の重さに比例して増えるんだけど。あとタイヤのグリップ力とかダウンフォースとかサスペンションジオメトリとか重心とか重さ以外に関係してくる要素いっぱいあるんですけど。昔から…1.3t」200馬力」と言いますね^ω^ふふふ1.3t以下は荷重移動が分かり易い重さ☆ですからねまたライトウェイト1.0t以下」というのもありますd ̄  ̄スポーツ選手同様バイクも同様に軽さ」は=正義☆なんですよ更に軽量な0.7t以下スーパースポーツ」があります?:*+./ °ω° /.:+セブン」とか?ね屋根なし幌なし」なんて車もあります軽さ」に対しパワー」勝負☆なのが…グランドツーリングGTカーの存在ですd ̄  ̄GT…正に☆GTR」のことです長距離最高速☆こそが→GTカー☆でしょうさて…前置きは長くなりましたがご質問の1.5tのスポーツカー」ですd ̄  ̄理想的な?1.3tを超える重量そこには…より快適」であったりより豪華」であったりよりパラフル」であったりする訳ですその分☆重くなる訳です??ω?? 価格が上昇すれば→自ずとユーザーも☆より○○を求める」のは必然なんですよ振り回さなければ…そっちが重要にも?なりますですから…ヘビーウェイトスポーツ1.3t以上」の存在も出てくるんですよスポーツカーは、レースカーでは無いから、速さだけが必要なクルマでは有りません。速くなくちゃ駄目と言う以前に、運転を楽しませるクルマですから、重くてコーナーが遅いから駄目ではなく、その重さをコントロールする楽しみが有る訳ですから。コントロールの部分を大きくしたものがスポーツカーです。スポーツカーに早さは、あまり関係無いのでは?原付よりリッターバイクの方が、重たくても早いのでは?笑サーキットのタイムなら、モトGPのタイムより、F1よりはるかに格下の、F3の方が早いですよ。勿論四輪の方が重たいでしょう。バイクだったら重たいスーパースポーツやメガスポーツは成立しないと思うのですが。 トルク?馬力発生回転常用域「B」タイプのエンジン搭載ロードスターと比較してるからそう思うだけであって1.5tなりの車造りしてるから大丈夫。物理の法則は絶対です!> ode※※※※※※確かに遠心力は車の重さに比例して増えるねぇ。でも、グリップ力も車の重さに比例して増えるんだけど。これが正解ですねだからパワーが有れば、スポーツカーたり得ますS660 とオイラの1.3tが峠で追っかけっこした流石にネオバの195を後輪に履くS660 は遅くはないただ路面が荒れていてそれはサスが吸収しきれない模様こっちはパワーに不足なくサスも余裕があったな3行目まで読んだ。もっと簡潔に???以下略。そんなわけないだろ!TTバイクの最高峰、S-Works Shiv TT Module は7kg台だぞビートに乗る者です。友人の乗るセルシオ4300とつづら折れの道でバトルになった事があります。彼は元々スカイラインGTRの改造車で走ってた事があるので素人とは言えません。しかしビートで2つ3つコーナーをタイヤ鳴らす程度で抜けるとセルシオは付いて来れませんでした。パワーは有り余っても使い切れないのですね。1.5tの物体ここでは車がコーナーを曲がるとその物体に1.5tのGがかかるというのは間違っていますよね…いくら例えだと言っても、その質問で最も重要な部分をしっかりおさえておらず、そんな基本的な力学もあやふやな程度の知識なら、例えとしての意味がなく、ちゃんとした回答もなされないですよ…まあ多分、あなたは質量の大きな物体ほど、同じ速度で比較した場合にそれだけ慣性力やコーナーでの遠心力が大きくなるのに、なぜ車重の重いスポーツカーでも速くコーナーやストレートが速く走れるのか?と聞きたいのですよね?もちろん重たい物質ほど慣性力も遠心力も大きくなるというのがマクロな力学では基本的な考え方ですね。ma=Fなんて有名な法則ですね。質問内容がいろいろと抽象的で、なにと比べて速いとか言ってるのかがわからないのですが…サーキットで速く走る要素は、①駆動力の大きさ②タイヤ性能グリップ力など③空気抵抗の制御④車体の重量バランス⑤シャシーの運動性能や剛性など、いろいろあります。あとはそれらをうまく最適化していくことで、速く走れるようになります。車重はそれらのパラメータのうちの1つに過ぎず、車重だけでは車の速さを語ることは難しいです。なぜスポーツカーて重くても成立するのですか。「スポーツカー」の定義が一定していないから。確かに軽い方がベターです。軽いのは正義です。大パワーで軽いのが最強です。F1とかです。走って良し、曲がって良しです。物理法則に関してはまあその通りです。ロードスターの1t切りは脅威でしたね。凄いと思います。きっと楽しい車なんだろうなと想像します。スポーツ走行の中では「速く曲がる」というのも重要ですが「速く走る」というのも重要です。つまりハイパワーであること。1tの車体に400馬力のエンジンを積んだ場合、恐ろしく良い車になります。ですが、それは操れる人にとって良い車であって、操れない人にとっては邪魔なパワーというだけでなく、暴走の危険を含んでいます。コーナー立ち上がりで1t130馬力がフル加速するのと1t400馬力が加速するのでは操作の方法と制御の精度が桁違いです。そんなモンスターマシンを操れる人は1%もいません。それ以外の人は事故るだけです。質問者は「安定性」について何も考えていないようです。市販車である以上、「安定性」というのは必ず必要です。タイヤの幅が広いから。速さとはタイヤの性能をどれだけ引き出せるか、ってことです。GTRだと前255後285ロードスターは前後195だいたい1.3~1.5倍くらいのタイヤの太さです。タイヤの性能以上には速く走れません。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です