GoToトラベルニュース 今回の第2波で都市封鎖や自粛要

第一波は武漢ウイルスが日本に入ってきて4月中旬にピークを迎えました。コロナ感染者数の減少の理由ついて

最近日本全国、コロナ患者数の増加伝えるニュース無くなり、全体的減少てきた事明確なり 今回の第2波で都市封鎖や自粛要請行なわず、国民の活動特抑制せずむろGOTOキャンペーンンやったりて移動促進行なっていたかかわらず、第1波同じタイミングでコロナ患者数減少てき

原因考えてみたころ、「日本人の自発的な行動自粛」上げる方大半だ思 か、8月下旬プールや行楽地行き、特プールなり混み合っており、原因だけで無い事分かり

、「8月なって夏の日差強くなった」いう理由挙げる方おられます、3月4月南半球で感染拡大ていた事考えれば当てまらない様な気ます

実際、原因でコロナ感染者減少たのでょうか か第1波状況全然違うかかわらず同じタイミングで

お考えお聞かせください よろくお願います 過去の大臣会見一覧新型コロナウイルス感染症。つ目ですが。看護師や医療従事者等の派遣は今までも支援してきました。これも
引き続きしっかりと対応すると同時に。看護師が今やっている業務というものは
。本来の医療行為のみならず。いろいろ

日誌。今日の,時間目「インターンシップ保健実習」の授業は。リモートで行われ
ました。そして②では。コロナウイルスの感染予防のため。手洗いを。今まで
適当に水でしか洗っていなかったが。指先や手首までご指導いただいた先生方
。各部活動や。進路で頑張った生徒の皆さん。猛暑の中。本当にお疲れ様です。
政府は。「第波の定義があるわけではない。天気予報士によると。一日中
エアコンを利用しないと。熱中症になるかも知れませんので。暑い時は。我慢せ
ず。GoToトラベルニュース。トラベルキャンペーン最新ニュースはこちら!都道府県に出されていた
緊急事態宣言のうち6都府県が解除。気になるトラベル事業は宣言解除
後即再開する訳ではなく。様子を見ながら段階的に再開する方針との
トラベルキャンペーンは皆さんもご存知の通り。新型コロナウィルスの感染拡大
を受け。から一時停止中人数の予約のみ対象にする」は。大
人数の旅行を人ずつ予約して。同じ宿に泊まり。同じ飛行機で移動すれ

第一波は武漢ウイルスが日本に入ってきて4月中旬にピークを迎えました。第二波は武漢ウイルス変異型のヨーロッパウイルスによって7月末から8月初めでピークを迎え、今は収束に向かっています。いずれのウイルスも日本人にとっては一定の感染が起こると多数の人の中に抗体が出来、ピークを打って収束に向かうことが判明しました。では、なぜ一定数の発生が起こった後で、一定時間が経過するとなぜすぐピークを迎え収束するのかという問題を考えればいいわけです。それは、①日本人全員ががBCG予防接種をしているからという説、②米を主食とする日本人と小麦を主食とする欧米人の差という説、③日本人は納豆や海藻を食べるからという説、などが考えられます。その他に、④日本人は衛生的であるとか、⑤生活習慣とか、を言う人もいますが、ここはやはり、日本人の体質そのものががこれらのウイルスにそういう反応をするから、という方向から解を見つける以外に説明は困難だと考えます。居酒屋で多数が集まっての宴会や夜の街関連への自粛が大きな影響を与えたと思います。飲食をしながら、密接して会話する環境が一番感染を拡大させるのでしょう。特にアルコールが入ると気が緩み、感染防止対策が不十分になるのだと思います。第一波も緊急事態宣言前に感染者は下がってました。今回もなんとなく下がってきました。ウイルス学の専門家が言うには、ウイルスの特性もあるそうですよ。変異する時に感染力が強まったり弱まったり。第三波は二派より山が大きくなるそうです。こうやって徐々に弱毒化していくそうです。嘘のようでホントのようで、ウソかも知れませんが。感染者が東京都で1日400人近く、全国で1000人を超えた所で多くの人が団体での外食や会食を自粛したから。日本は衛生管理やマスク着用が徹底されているので、感染リスクの多くはマスクを外して飛沫を飛ばして会話する会食や更衣室です。8月は東京都、大阪ミナミ、名古屋栄と錦、沖縄松山町などコロナのエピセンターの飲食店は時短営業を行いました。4月の第一波の時も飲食店は夜八時にまでにして東京都も1日5人までになったが、その後、0になっていないのに気の緩みですぐに第二波になった。猛暑の影響の可能性が高いです。南半球など猛暑の時期でも感染拡大していた国もありますが、それらの国は、おそらく冬になると持っと増えるのでしょう。アジア圏は、欧米などと比較して感染者が少なく、その理由は、過去にアジア人種が新型コロナに似たウイルスに感染した経験があって、免疫を持っているからではないかと専門家の間で言われていますが、アジア圏も気温が下がれば、感染者が増えていく点は同じだと思います。自粛する人が大半だからでしょう。8割おじさんも言ってましたが7割接触機会が減れば、減少傾向にはなります。プールが混雑するなんて、子供連れが少し集まっただけでなりません?行楽地も屋外でも他人と距離を取るなどして、気を付けていた人が多いと思います。GoToでも何百万という人が利用したそうですが、本来8月なら延べ5000万人以上が旅行していた時期です。多くの人は旅行や帰省をしたい時期に自粛したということです。また、東京や大阪、愛知など大都市圏では夜の営業時間短縮などもしていましたので、国がやってないだけで感染拡大地域ではやってることはやってました。あとは、数が多かったのは積極的に夜の街を検査して無症状感染者を見つけていたせいで、今はそこまで検査してないから少なくなってるというのはあると思います。夏の紫外線による飛沫の殺菌と、ヒトの日焼けによる免疫力アップでしょ。南半球の4月て秋?日焼けは避けてそうだし。赤道直下の国って、わりと抑え込みに成功してるけど、紫外線のおかげじゃない?笑PCR検査の数をふやしたために、陽性者も増えたとみています。死者や重傷者が、爆発的に増えたことはありませんでしたしね。私一個人の意見です。感染症って、生体内へ侵入した菌が増殖して起こるものです。ただ、免疫力があれば菌は増殖しづらく、そのまま感染症を発症しません。逆に免疫力が下がっている時に菌が侵入すると、増殖しまくって感染症を引き起こします。なので、菌が増殖できないような免疫力が高い人の割合の方が多くなったからではないのかなと思っています。しかし、コロナは何が効果があって、何が効果がないのかはまだわかっていない段階なので、実際はどうかはわかりませんがね。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です